Postmanを使ってMeasurementデータを一括アップロードする方法

投稿日 / 投稿者名

2018.8.1 / フスレント

はじめに

本レポートは、Things Cloud の利用例をより知っていただくための実利用レポートとして作成したものです。
Things Cloud は極力後方互換性を持つよう開発されていますが、今後のリリースにより、一部画面やコマンド、手順などが変更となったり、利用できない可能性があることをあらかじめご了承ください。
なお、作成にあたり、以下バージョンを用いています。

  • ver.8.15.8(backend/UI)

難易度 ★★



概要

本セクションでは、Postmanを使ってMeasurementデータを一括アップロードする方法を紹介します。

前提条件

  • 環境として以下をインストールしていること
    • Postman

所要時間(目安)

この手順に沿って、メジャーメントデータ格納する場合の所要時間。

  • 約10分


つくるもの

今回は複数のメジャーメントデータを一括にアップロードする方法を学びます。例として、"Cumulocity API"のMeasurementを用います。
image


1. Postmanの環境設定

Postmanの環境設定はこちらでご覧ください。

2. Measurementデータを一括アップロード

Postmanの"Collection"タブを押し、"Cumulocity API"フォルダを開きます。
"Cumulocity API"の中から"Measurement"フォルダ開きます。
image "Create multiple measurements"ボタンを押します。
image
画面右側の"Body"タブを押してアップロードしたいデータを入力します。
入力したい複数のデータのフラグメントタイプはそれぞれ異なるフラグメントタイプでも構いません。
例えば速度(フラグメント:c8y_SpeedMeasurement)2コと温度(フラグメント:c8y_TemperatureMeasurement)1コのデータを一括でアップロードしたい場合は以下のように入力できます。

{
    "measurements": [
        {
            "c8y_SpeedMeasurement": {
                "speed": { 
                    "value": 25,
                    "unit": "km/h" 
                }
            },
            "time":"2013-06-22T17:03:14.000+09:00", 
            "source": {
                "id":"10200" 
            }, 
            "type": "c8y_SpeedMeasurement"
        },
        {
            "c8y_SpeedMeasurement": {
                "speed": { 
                    "value": 22,
                    "unit": "km/h" 
                }
            },
            "time":"2013-06-22T17:05:14.000+09:00", 
            "source": {
                "id":"10200" 
            }, 
            "type": "c8y_SpeedMeasurement"
        },
        {
            "c8y_TemperatureMeasurement": {
                "T": { 
                    "value": 30,
                    "unit": "C" 
                }
            },
            "time":"2013-06-22T17:03:14.000+09:00", 
            "source": {
                "id":"10200" }, 
            "type": "c8y_TemperatureMeasurement"
        }
    ]
}

最後にスクロールを下げて入力したデータが帰ってきていることとHTTPステータスが201となっていることを確認します。 image
Postmanを使ってMeasurementデータを一括アップロードする方法の紹介は以上です。