アプリケーション開発

アプリケーション開発

Things Cloud は、既存のアプリケーションに加え、統合IoTアプリケーションを実行できるよう構築されています。

このセクションでは、Things Cloudのアプリケーションに関する基本コンセプトを紹介します。

概要

Things Cloudのアプリケーションは以下の形態となっています:

  • ウェブ基盤のユーザーインターフェースアプリケーション:「ウェブアプリケーション」

ウェブアプリケーションはHTML5の単一ページアプリケーションで、Things Cloud アプリスイッチャに表示され、Things Cloud上でホストされます。

アプリケーションは、「アプリケーション・キー」によって識別されます。アプリケーション・キーを使用することにより、Things Cloud はアプリケーションからのREST要求を特定のアプリケーションに関連付けることができます。リファレンスガイドのアプリケーションマネジメントに関するセクションをご参照ください。

スーパーテナント(管理テナントまたはエンタプライズエディションのテナント)は、彼らによってデプロイされた Things Cloud アプリケーションにサブテナントをサブスクライブすることができます。これにより、基本アプリケーションのマーケットプレイスが提供されます。

Things Cloud ウェブアプリケーション

概要

Things Cloud ウェブアプリケーションとは以下のものになります:

  • 任意のWebフレームワーク上に構築されたユーザー・インターフェース・アプリケーション
  • ユーザー・インターフェース・プラグインのセットとしてThings Cloudユーザー・インターフェース・フレームワークを使用して構築されたユーザー・インターフェース・アプリケーション

テナントが登録したウェブアプリケーションはすべて、Things Cloudの右上にあるアプリケーションスイッチャに表示されるので、ユーザーはアプリケーション間を移動できます。それらはCumulocityによってホストされており、アプリケーションはURL <tenant>.cumulocity.com/apps/<application> を介して利用可能になります。

App switcher

Things Cloud のユーザーインターフェース自体は、最新のHTML5ウェブアプリケーションフレームワークであるAngularJSとBootstrapに基づいたフレームワークを中心に構築されています。開発者が Things Cloud ユーザーインターフェースで独自の構成を作成できるように、一連のプラグインを中心にモジュール方式で設計されています。プラグインの開発の詳細については、ウェブ開発者ガイドのプラグイン用ウェブSDKをご参照ください。

ウェブアプリケーションの展開

アプリケーションを利用可能にするためには、Things Cloud プラットフォーム上に展開しなければなりません。

詳細に関してはユーザーガイドの 管理 > アプリケーションの管理をご参照ください。

Info: ウェブアプリケーションの場合、アプリケーションをサブスクライブしなくても所有者としてアクティブになります。

ウェブアプリケーションのホスト

Things Cloud 管理アプリケーションの「所有アプリケーション」にあるアプリケーションマネージャーを使用することで、Things Cloud上で独自のHTML5とJavaScript ウェブアプリケーションをホストすることができます。

List of own applications

詳細はユーザーガイドの 管理 > アプリケーション管理 をご参照ください。

アプリケーションの登録

Things Cloud のアプリケーションコンセプトには、基礎アプリケーションマーケットが含まれています。

テナントは、スーパーテナント(管理テナントまたはエンタプライズエディションのテナント)が展開したアプリケーションを登録することができます。

サブテナントへのアクセス権の付与とアプリケーションへの登録は管理アプリケーションで行います。

Application Subscription

テナントは所有アプリケーションマーケットプレイスを持つこともでき、管理アプリケーションの「所有アプリケーション」ページで閲覧することができます。

Own applications

テナントは所有するアプリケーションと付与されたアプリケーションもサブテナントへ登録することができます。

詳細はユーザーガイドの テナント管理 をご参照ください。

サービスについて

テナントは複数のアプリケーションを使用できますが、アプリケーションの機能を使用するには、テナントがそのアプリケーションをサブスクライブする必要があります。 一例として、カスタム・アプリケーションがテナントのマーケットプレイスにあっても、テナントがこのカスタム・アプリケーションを登録するまで、それを使用することはできません。

テナントに登録したアプリケーションのリストを表示するには、Things Cloud Rest APIを使用してテナント情報をGETするを取得してください。アプリケーションは、「applications」フラグメントの下に一覧表示されます。