メインコンテンツに移動

開発者ブログ

規模や特性に応じて選定を。APIのレスポンスフォーマットまとめ

最近のAPIではJSONをリクエスト/レスポンスフォーマットとして採用することが多いですが、サイズが決して小さくないことやパースにかかる時間などを気にするケースもあります。

非構造化テキストから意味を見いだす。自然言語分析APIまとめ

これまでサポートや問い合わせに寄せられるメッセージは人の目で見て、その意味を解釈した上でデータベースに構造化して登録されていました。しかし何百、何千とある文章を読むのは大変なことです。

長いテキストも短く。テキスト要約APIまとめ

コンピュータでは長文を書くのがさほど苦痛ではなく、つい文章が長くなりがちです。しかし読み手にとっては長い文章は苦痛でしかありません。そこで使ってみたいのが要約APIになります。

アプリケーションの音声操作を可能にする音声認識APIまとめ

スマートフォンではキーボードの代わりに音声入力を行ったり、音声アシスタントも使われるようになっています。そんな音声認識技術をAPIを使って自分のアプリケーションにも組み込みましょう。

既存システムがある中でのAPI開発の進め方

APIファーストはこれからの考え方として重要ですが、すでに稼働しているシステムの方がまだまだ多いのが実情です。その多くは5年以上動き続けているというものもあるでしょう。

APIファーストで開発するメリットとは?

数年前から聞かれるようになったキーワード、APIファースト。今回はそのメリットについて紹介します。

初の二拠点開催!Enterprise APIs Hack-Night #8 レポート

12月01日、AgriTechをテーマとしたEnterprise APIs Hack-Night #8が開催されました

自社で立てる選択。オープンソースのAPIゲートウェイまとめ

既存のWebサービスに対してAPIを追加したいと考えた時に、システム内部に手を加えなくともAPIゲートウェイを使うことで既存システムとAPIとを疎結合にし、メンテナンスや機能追加をしやすくできま

データのビジュアル化に。グラフAPIまとめ

データを可視化する方法としてグラフやチャートが用いられます。ユーザにとってはメリットがある反面、開発者としてはグラフを出力するのはそう簡単ではありません。

ページ