コックピット

コックピットアプリケーションは、ビジネスの観点から見たIoTのアセットとデータの管理と監視のためのオプションが用意されています。

概要

以下のセクションでは、コックピットアプリケーションのすべての機能について詳しく説明します。

このページの内容の概要については、以下をご覧ください。

セクション 内容
アセットの管理 グループの作成デバイスの割り当て階層のアセットを整理。
データエクスプローラを使用したデータの可視化 IoTデータをインタラクティブに調査、比較、可視化。
データエクスプローラへアクセスして使用する方法、データエクスポローラへデータポイントの追加をする方法、データポイントのプロパティをカスタマイズする方法、表示の修正ウィジェットとしてのデータエクスプローラを保存する方法、データをエクスポートする方法
ダッシュボードの操作 ウィジェットを追加し、配置して独自の分析ページと監視ページを作成。同じタイプのすべてのデバイス間でダッシュボードの共有
ウィジェットコレクション Things Cloudが提供するウィジェットコレクション内のさまざまなタイプの ウィジェット を使用し、必要に応じて設定。
アラームの操作 重大度とワークフローを使用してアセットを監視。コックピットアプリケーションでのアラーム操作とデバイス管理でのアラーム操作は同じなので、デバイス管理の アラームの操作をご参照ください。
レポートの管理 ダッシュボードのレイアウトに基づいてレポートを処理し、CSVまたはExcel形式の データのエクスポート用のレポートエクスポートのスケジュールの作成。
データポイントライブラリの使用法 デバイスの既定の設定(“プロファイル”)を管理しデータポイントライブラリを使用して自動的に適用。
スマートルールの操作 入力データをリアルタイムで処理し、このデータに基づいてアクションを実行するためのビジネスルールの作成と管理
スマートルール コレクション 事前定義されたグローバルスマートルールを使用して、ジオフェンシング、閾値またはアラームのエスカレーションと通知 (SMS/Eメール/音声) のルールを設定。各スマートルールとその設定可能パラメータについて詳しく説明します。

Things Cloudとそのアプリケーションの一般的側面について詳しく知りたい方は、ユーザーガイドをご参照ください。

ホームダッシュボード

コックピットアプリケーションのホーム画面は一般的なテナントのデータを表示するダッシュボードとなります。

image alt text

ホームダッシュボードはテナントの全ユーザーが共有するページです。デフォルトでは、ホームダッシュボードには、歓迎メッセージ、アクティブなクリティカルアラーム、最近のアラーム、そして全オブジェクトの地図が表示されます。

ホームダッシュボードは、必要に応じて個別に編集および構築できます。ここに表示されているウィジェットを追加、削除、または変更できます。

ダッシュボードの編集の詳細についてはダッシュボードの操作をご覧ください。

ホームダッシュボードを元の内容へリセットするには、トップメニューバーの右端にあるもっと見るをクリックし、ダッシュボードを復元を選択します。

アセット管理

はじめに

アセットは建物、機械、製造単位、車両などの一般的なビジネスオブジェクトを表わします。

アセットは階層形式で整理されます。 例えば、エネルギーモニタリングアプリケーションのアセット階層は以下のようになると考えられます。

image alt text

アセット階層は以下の2種類のオブジェクトで構成されます。

この例では、グループオブジェクトは建物のアセットを表しています。 デバイスオブジェクトは部屋のアセットを表します。 グループ名と階層は、ユーザーが個別に定義することができます。 階層には、地域レベル、都市レベル、街路レベル、建物レベル、フロアレベル、部屋レベルなど、複数のレベルを設定できます。 デバイスもさまざまな階層内に設定することができ、地域階層の一部にしたり、顧客階層の一部にすることができます。

アセット階層内でデバイスを配置するには、デバイスを個別のグループに「割り当て」なければなりません。 詳しくは下記の説明をご覧ください。

備考: コックピットアプリケーションでは単一のデバイスは管理されません。デバイス管理アプリケーションで管理されます。

アセット階層とデバイス階層の対比

Things Cloudは2種類のオブジェクト階層に対応しています。それは、デバイス階層とアセット階層です。

デバイス階層は、通信の視点からThings Cloudにデバイスがリンクされる状況を追跡します。 アセット階層は、M2Mデバイス経由での遠隔操作により監視および制御されているアセットを構造化します。 詳しくはコンセプトガイドの「Things Cloudのドメインモデル」をご覧ください。

コックピットアプリケーション内で、グループオブジェクトを作成し、デバイスを階層にリンクさせることにより、アセット階層を構築することができます。 アセット階層は、使用するIoTデバイスの種類で決まります。 多数のIoTデバイスが存在しますが、ごく一般的なのは以下の2種類になります。

次のセクションでは、コックピットアプリケーションでスマートデバイスとゲートウェイデバイスを使用する方法について説明します。

最初の例は、スマートデバイスをアセット階層にリンクする方法を示しています。

image alt text

スマートデバイスはデバイス管理(右側)において最上位デバイスとして表示されます。 コックピットアプリケーションでは上図の矢印が示す通り、スマートデバイスをグループに分けて整理することができます。

2番目の例は、コックピットアプリケーション上でゲートウェイデバイスを使用する方法を示しています。

image alt text

ゲートウェイデバイスはデバイス管理において最上位デバイスとして表示されます。付随するデバイス(たとえば、ModbusやKNXデバイス)は子デバイスとして表示されます。 これらの子デバイスを前述の通り、アセット階層内で整理することができます。

例からわかるように、デバイスはデバイス管理アプリケーションとコックピットアプリケーションでまったく異なる階層を持つことができます。 デバイス管理アプリケーション内ではすべての子デバイスがゲートウェイデバイスより下位になる一方、同じ子デバイスがコックピットアプリケーションでは2つの別々の建物内で整理されます。

コックピットアセットとビジネスアセットの対比

コックピットアセット階層におけるオブジェクトのマッピングは仮想的な階層構造です。

例えば、Things Cloudプラットフォームの中でトラックの管理を行うとすると、それぞれのトラックはThings Cloudと接続している個別のトラッキングデバイスを介して表現されることになります。

建物マネジメントの場合、建物の中にあるセンサーのグループがThings Cloudプラットフォームと通信するグループとして建物を表すのが最も一般的です。

アセットのナビゲーション

アセット階層では、Things Cloud は最上階層グループとサブグループ、いわゆるサブアセットを区別します。

ナビゲータでは、グループメニューの最上位に最上階層グループが表示されます。サブアセットは、最上階層のグループの下のナビゲータ、または特定のグループのサブアセットタブに表示されます。

アセット階層内でオブジェクトを選択すると、画面の右側に選択されたオブジェクトの詳細が表示されます。

ゲートウェイデバイスを追加しても、子デバイスは表示されません。 子デバイスを表示させるには、関連アセットに追加しなければなりません。 子階層に関連する詳細は、デバイス管理アプリケーションで表示および編集できます。

アセット階層内を下方に移動するには、ナビゲータを使用するか、またはサブアセットタブでオブジェクトを選択します。 アセット階層内で上方へ移動するには、アセット名の下のパンくずエントリを使用します。

アセットの詳細

オブジェクトタイプに応じて、オブジェクトごとにいくつかのタブを使用できます。

タブ 説明 可用性
情報 オブジェクトに対して作成されたスマートルール のリストを表示します。 グループ、デバイス
アラーム デバイスのアラームを表示します。アラームの詳細についてはデバイス管理アラームの操作をご覧ください。 デバイス
サブアセット グループのサブアセットを表示します。 グループ
データエクスプローラ 子のすべてのデータポイントを表示します。詳細は、データエクスプローラを使用したデータの可視化をご覧ください。 グループ、デバイス
位置 デバイスの現在置を表示します。 デバイス

オブジェクトに対して作成されたダッシュボードは、タブとしても追加されます。詳細は、ダッシュボードの操作をご覧ください。

さらに、アプリケーションがプラグインで拡張されている場合も、ここに追加のタブが表示されることがあります。 詳細については、プラグイン用ウェブSDKをご覧ください。

グループの作成

  1. トップメニューバーの右側にあるグループを追加をクリックします。
  2. 次にグループを識別するための任意のグループ名を入力します。
  3. デバイス検索フィールドに、グループに追加するデバイスの検索条件を入力します (例:“ublox”)。検索条件に一致するデバイスの一覧が表示されます。
  4. デバイス一覧から追加するデバイスにチェックマークを付けます。
  5. X デバイスでグループを作成 をクリックして、新しいグループを作成します。


備考: グループは「0」デバイスでも作成できます。

既存アセットの子として新規グループを追加するには、サブアセットタブのグループを追加をクリックします。

デバイスのグループ割り当て

デバイスをアセット階層に追加する前に、デバイスをThings Cloudに接続しなければなりません。 デバイス管理アプリケーションを使用してデバイスをプラットフォームに接続します。 詳細についてはデバイス管理をご覧ください。

デバイスをグループに割り当てるには、以下の手順に従ってください:

  1. ナビゲータで、グループメニューからグループを選択し、サブアセットタブを開きます。サブアセットタブには、各グループに割り当てられているすべてのデバイスが表示されます。
  2. トップメニューバーの右側にあるデバイスを割り当てるをクリックします。
  3. 次のウィンドウで、グループに追加するデバイスを検索します (例:“ublox”)。検索条件に一致するデバイスの一覧が表示されます。
  4. デバイス一覧から追加するデバイスにチェックマークを付けます。
  5. X デバイスを割り当てるをクリックして、選択したデバイスを割り当てます。

デバイスは、サブアセットタブにサブアセットとして表示されます。

グループの編集

  1. グループの名前を編集するには、 情報タブへ移動し、変更したいグループの名前の下にある編集をクリックします。
  2. 名前を編集し、必要に応じて情報タブに表示するメモを入力します。
  3. 保存をクリックして、設定を適用します。

グループの削除

ナビゲータから最上階層グループを削除するには、次の手順に従います。

  1. ナビゲータでグループをクリックします。
  2. グループページから削除したいグループの右端にあるメニューアイコンをクリックし、削除をクリックします。

別のグループのサブアセットタブからグループを削除するには、以下の手順に従います。

  1. サブアセットタブに移動します。
  2. 削除したいグループの右端にあるメニューアイコンをクリックし、削除をクリックします。

デバイスの割り当て解除

  1. グループのサブアセットタブに移動します。
  2. 割り当てを解除したいデバイスの右端にあるメニューアイコンをクリックし、割り当て解除をクリックします。

デバイスの割り当てを解除してもデバイス、サブデバイスまたは付随データは削除されません。 デバイスはそのアセット階層内から除外されるだけです。 同じグループまたは別のグループへ割り当てをし直すことができます。

データエクスプローラ

データエクスプローラでは、データポイント(メジャーメントまたはセンサーデータなど)を視覚化できます。

すべてのアセットでも、特定のアセットでもデータエクスプローラを使用できます。

データエクスプローラの右側に、使用可能なデータポイントのリストが表示されます。デフォルトで、選択したデバイスまたはグループの最初の5つのデータ・ポイントが表示されます。データポイントの追加方法の詳細については、データポイントの追加をご覧ください。

左側の主要カードには、その可視化が表示されます。

data explorer

データポイントのプロパティに基づいて可視化が生成されます。

データポイントのプロパティは、次のように事前に入力されます。

データポイントライブラリには、一致するデータポイントエントリが複数存在する場合があります。この場合、最初のものが自動的に選択されます。この選択を上書きするには、該当するデータポイントのメニューアイコンをクリックし、ライブラリから[名前]をロードするを選択します。

edit data points

一般的な画面の変更の詳細については、データエクスプローラの表示を変更をご覧ください。特定のデータポイントのプロパティのカスタマイズ方法の詳細については、データポイントプロパティのカスタマイズをご覧ください。

備考: データポイントは、インベントリロール権限に関係なく、テナントで認証されたすべてのユーザーに表示されます。

データエクスプローラの表示を変更

データエクスプローラで表示を変更するには、いくつかのプロパティを編集します。

時間範囲

表示される時間範囲を変更できます。デフォルトでは、過去1時間の値が表示されます。

X軸の時間範囲を変更するには

備考: 過去の時間範囲を設定すると、リアルタイム更新はオフになります。

集計

表示されているデータを集計して、より長い期間にわたる効率的な概要を得ることができます。

デフォルトで集計は「なし」に設定されています。この値はトップメニューバーの集計フィールドで変更できます。選択可能な値は、選択した時間範囲に応じて「1分前」、「1時間前」、「前日」となります。

リアルタイム更新

リアルタイム更新はデフォルトで有効になっています。接続されているデバイスからシステムに新しいデータが流入すると、表示されているデータが更新されます。

リアルタイム更新のオン/オフを切り替えるには、トップメニューバーのリアルタイムをクリックします。緑色のライトは、リアルタイム更新が有効であることを示します。

データポイントの表示

データポイントごとに、データポイント名の左にあるスライダを使用して表示/非表示を切り替えることができます。

データポイントの追加

データエクスプローラにデータポイントを追加するには、データポイントカードの下部のデータポイントを追加をクリックします。

Add data point

ウィンドウの上部で、アセット階層からデバイスを選択します。 ナビゲータで選択したオブジェクトの下にあるアセット階層のみが表示されます。 ナビゲータで「データエクスプローラ」を選択した場合、すべてのアセット階層が表示されます。

ウィンドウの下部に、選択したオブジェクトのデータポイントがすべて表示されます。 データエクスプローラに表示させたいデータポイントを選択します。 追加をクリックすると、選択したデータポイントがすべてデータポイント一覧に追加されます。

データポイントをデータポイントライブラリに保存するには、データポイントのメニューアイコンをクリックし、メニューからライブラリに保存を選択します。

Save data point to library

データポイントライブラリの詳細については、データポイントライブラリの使用をご覧ください。

データポイントリストからデータポイントを削除するには、メニューアイコンをクリックして、リストから削除を選択します。

データポイントプロパティのカスタマイズ

特定のデータポイントの表示を好みに合わせてカスタマイズできます。これを行うには、データポイントリストのデータポイントエントリを展開します。

次のフィールドは変更可能です:

フィールド 説明
ラベル データポイントを識別するためにY軸に表示されるデータポイントの名前。ラベルの下にターゲットが表示され、アセットの名前とデータポイントの内部名(メジャーメントフラグメントとシリーズ)が表示されます。この情報は編集できません。
単位 Y軸で使用される単位。
最小/最大 Y軸に表示される範囲。
ターゲット 現在、対象の値は図表に表示されません。この値は「データポイントリスト」ウィジェットで使用されます。
注意範囲 最小/最大 閾値のルールでマイナーアラームが発生する範囲を定義します。
障害範囲 最小/最大 閾値のルールでクリティカルアラームが発生する範囲を定義します。
表示する データの集計時に表示される値です。「最小値」、「最大値」、「最大と最小」のいずれかになります。
チャートタイプ 画面に表示するグラフの種類です。「線」、「ポイント」、「線と点」、「バー」、「次の前のステップ」(ステップ関数のように、垂直部分と水平部分を交互に繰り返すこと)、「次の後のステップ」(水平セグメントと垂直セグメントの交互)のいずれかです。既定値は「線」です。
Y軸 Y軸の表示位置を定義します。「自動」、「左」、「右」のいずれかです。既定値は「自動」です。

データポイントのプロパティをカスタマイズした後、変更した設定をデータポイントライブラリに保存できます。メニューアイコンをクリックし、ライブラリの [名称] を更新を選択します。

データポイントライブラリに格納されているプロパティからデータポイントに戻るには、[名称]をライブラリからロードを選択します。

Y軸動作

既定では、最初のデータポイントは左のY軸に配置され、残りのデータポイントは右側に配置されます。これは、特定のデータポイントの「Y軸」の値を修正する(「左」または「右」に変更。上記参照)ことで変更できます。

各データポイントは、次の条件が満たされないかぎり、それぞれのY軸に表示されます。

この場合、両方のデータポイントは同じY軸を共有します。このY軸は、単位(異なる場合は複数の単位)のみを示します。ラベルは表示されません。

アラームとイベントの追加

データポイントの他に、アラームやイベントをデータエクスプローラに追加することができます。

Data explorer events

アラーム/イベントカードで、アラーム/イベントを追加をクリックし、アラームまたはイベントを追加します。

Data explorer add events

次のウィンドウで、最近のアラームとイベントの一覧から目的のアラームまたはイベントを選択します。追加をクリックして、選択したのものを追加します。

プロパティを変更するには、イベントを展開します。

メニューアイコンをクリックし、メニューから削除を選択してリストからエントリを削除します。

データポイントと同様に、スライダを動かすことでデータエクスプローラのアラーム/イベントの表示/非表示を切り替えることができます。

データエクスプローラからウィジェットを作成

データエクスプローラの現在の設定を後ほど使用するために保持したい場合は、ウィジェットとして保存します。

ダッシュボードにウィジェットとして送信

特定のアセットのデータエクスプローラからウィジェットを作成するには、トップメニューバーのもっと見るをクリックし、ダッシュボードにウィジェットとして送信を選択します。

Data explorer add events

次のウィンドウで、現在のオブジェクトで使用可能なダッシュボードの1つを選択し、選択をクリックして、選択したダッシュボードへデータエクスプローラをウィジェットとして追加します。

備考: この機能を使用するには、まずダッシュボードを作成する必要があります。ダッシュボードの詳細についてはダッシュボードの操作をご覧ください。

レポートにウィジェットとして送信

ナビゲータのデータエクスプローラからウィジェットを作成するには、トップメニューバーからもっと見るをクリックし、レポートにウィジェットとして送信を選択します。

Data explorer add events

次のウィンドウで、使用可能なレポートのいずれかを選択し、選択をクリックして、選択したレポートへデータエクスプローラをウィジェットとして追加します。

備考: この機能を使用するには、最初にレポートを作成する必要があります。レポートの詳細については、ダッシュボードレポートの操作をご覧ください。

メジャーメントデータのエクスポート

メジャーメントデータをcsvファイルまたはxlsxファイル形式でダウンロードすることができます。 エクスポートされるメジャーメントデータは以下の情報をカラムに分割して表示します。

メジャーメントデータをエクスポートするには、トップメニューバーのもっと見るをクリックし、必要に応じてCSVでダウンロードまたはExcelでダウンロードを選択します。

次のウィンドウで示すように、ダウンロードが生成されます。この処理は、データエクスプローラに追加されたデータポイント数に応じて時間がかかる場合があります。ロードが完了したら、ダウンロードをクリックします。

ダッシュボード

ダッシュボードでは「ウィジェット」を使用して、あなたのデータの可視化をカスタマイズできます。 ウィジェットは地図、画像、グラフ、表や他の図式表現でデータを表示します。

Things Cloudでは既製のウィジェットを多数用意しています。詳しくはウィジェットコレクションをご覧ください。独自のウィジェットを開発し、あなたのThings Cloudアカウントに加えることもできます。 詳しくはWeb 開発者ガイドをご覧ください。

ダッシュボードの作成

ナビゲータで、ダッシュボードを作成するグループまたはデバイスを選択します。

トップバーのプラスボタンをクリックし、ダッシュボードの追加を選択します。

ダッシュボードを作成するウィンドウが開きます。

ダッシュボード情報では、次の情報を入力します。

ダッシュボードのレイアウトでは、ダッシュボードのテーマ(「淡色」、「暗色」、「透明」、「テーマカラー」のいずれか)とウィジェットの既定ヘッダースタイル(「通常」、「境界線」、「重ね配置」、「非表示」のいずれか)を選択できます。また、ウィジェットの既定マージンの値 (既定値は12px) を変更することもできます。

さらに、「可能な場合はウィジェット タイトルを翻訳してください」のオプションをチェックできます。オプションを選択した場合、言語表示が変更される度にウィジェットのタイトルが該当の言語に翻訳されます。

備考: ウィジェットのタイトルは、有効な翻訳が利用可能な場合にのみ翻訳されます。

選択したレイアウト設定のプレビューがすぐに右側の「プレビュー」セクションに表示され、選択内容が表示されます。

保存をクリックして、ダッシュボードを作成して開きます。

ダッシュボードにはまだウィジェットがないので、代わりにウィジェットを追加のボタンが表示されます。

ダッシュボードへウィジェットを追加

ウィジェットをダッシュボードに追加するには、ウィジェットを追加のボタン(ダッシュボードが空の場合に表示)、あるいはトップメニューバーのウィジェットを追加をクリックします。

次のウィンドウで、ドロップダウンリストからウィジェットタイプを選択します。選択したウィジェットタイプに応じて、追加のフィールドやチェックボックスが表示され、それぞれ入力または選択をします。すべてのウィジェットの詳細については、ウィジェットコレクションをご覧ください。

ダッシュボードの編集で一般的なレイアウトを指定すように、ウィジェットのコンテンツとヘッダーのスタイルを個別にカスタマイズするには、ウィジェットのスタイルをカスタマイズをクリックします。

保存をクリックして、ウィジェットをダッシュボードに追加します。

ダッシュボード上のウィジェットの変更

ウィジェットはダッシュボード上で並べ替えることができます。ウィジェットをドラッグアンドドロップすると、別の位置に移動できます。

ウィジェットの右下隅にある矢印をドラッグすれば、ウィジェットのサイズを変更できます。

ダッシュボード上のウィジェットのプロパティを編集するには、ウィジェットの右上隅にある歯車のアイコンをクリックし、メニューから編集を選択します。

ダッシュボードからウィジェットを削除するには、ウィジェットの右上隅にある歯車のアイコンをクリックし、メニューから削除を選択します。

ウィジェットを変更できるのは、ダッシュボードのロックが解除されている場合のみです。ダッシュボードをロック/ロック解除するには、トップメニューバーの錠アイコンが表示されたスライダを使用します。

備考: スマートフォンやタブレットなどのタッチデバイスでは、一部の機能がサポートされない場合があります。

ダッシュボードの共有

特定のタイプのデバイス用にダッシュボードを作成し、それと同じタイプのすべてのデバイスと共有できます。ただし、デバイスにタイププロパティが設定されている必要があります。

これを行うには、「[タイプ名]タイプのすべてのデバイスにダッシュボードを適用」オプションを選択します([タイプ名]は、選択されたデバイスのタイプに置き換えられます)。

対応するメッセージがエディタに表示されます。

このダッシュボードに対する変更は、すべてのダッシュボードインスタンスに自動的に適用されます。

備考: ダッシュボードに追加できるのは、デバイス自体のウィジェットとデータだけです。子デバイスの構造がデバイスごとに異なる可能性があるため、子デバイスからデータを追加することはできません。

ダッシュボードのプロパティを編集

ダッシュボードを編集するには、トップメニューバーの編集をクリックします。

ダッシュボードエディタが開きます。各フィールドの詳細については、ダッシュボードの作成をご覧ください。

ダッシュボードのコピー

ダッシュボードを一つのオブジェクトから別のオブジェクトへコピーするには、トップメニューバーのもっと見るをクリックし、メニューからダッシュボードをコピーを選択します。

次に、コピーをしたいオブジェクトへ移動し、メニューからダッシュボード[名前]をペーストを選択してダッシュボードを挿入します。

ダッシュボードをコピーする際の代替手段として「タイプ別ダッシュボード」アプローチもあります。「タイプ別ダッシュボード」アプローチではダッシュボードを1つのオブジェクトから、同種の「 」オブジェクトにコピーできます。

ダッシュボードの削除

ウィジェットからダッシュボードを削除するには、トップメニューバーの右上にあるもっと見るをクリックし、「ダッシュボードを削除」を選択します。

ウィジェットコレクション

コックピットアプリケーションには事前に定義されたウィジェットタイプが含まれています。ウィジェットタイプごとに、構成するパラメータと表示するデータが異なります。

次のセクションでは、使用可能なウィジェットタイプとその構成プロパティをアルファベット順に説明します。

アラームリスト

「アラームリスト」ウィジェットは、オブジェクト、アラームの重大度、およびアラームのステータスでフィルタされたアラームの一覧を表示します。各アラームに表示される情報については、デバイス管理の アラームの操作をご覧ください。

Alarm list widget

設定パラメータ

フィールド 説明
タイトル ウィジェットのタイトル。既定では、ウィジェットタイプがタイトルとして使用されます。
対象のアセットもしくはデバイス 値を求めなければならないグループまたはデバイス、オプションのHTML式を選択します。
ステータス 指定したアラームステータスのアラームが発生したデバイスのみを表示します。
タイプ 指定したタイプのアラームだけを表示します。詳細は、アラームを1回クリックすると表示されます。
アラーム重大度 指定した重大度のアラームだけを表示します。
並び順 アラームは、アクティブなステータス順(続いて重大度順、時間順(既定))または重大度順(続いて時間順)で並べ替えることができます。

すべてのクリティカルアラーム

「すべてのクリティカルアラーム」ウィジェットは、クリティカル状態のアラームが発生しているすべてのオブジェクトを表示します。設定すべき追加パラメータはありません。

Critical alarms

アラーム内容の詳細は、デバイス管理 > アラームの操作をご覧ください。

アプリケーション

「アプリケーション」ウィジェットには、利用可能なすべてのアプリケーションへのリンクの一覧が表示されます。タイトル以外で設定すべき追加パラメータはありません。

Applications widget

アプリケーションの詳細については、 管理 > アプリケーション管理をご覧ください。

アセットプロパティ

「アセットプロパティ」ウィジェットは、現在のオブジェクトの属性のユーザー定義リストを表示します。オブジェクトとはデバイスまたはグループです。

Asset properties widget

設定パラメータ

フィールド 説明
タイトル ウィジェットのタイトル。既定では、ウィジェットタイプがタイトルとして使用されます。
対象のアセットもしくはデバイス グループまたはデバイスを選択してください。
プロパティ プロパティのリスト。「アセットテーブル」ウィジェットをご覧ください。

備考: このウィジェットは、空でないプロパティのみを表示します。

アセットテーブル

「アセットテーブル」ウィジェットは、テーブル内のすべての子デバイスの詳細を表示します。これは非常に強力なウィジェットで、選択したオブジェクトのプロパティをテーブルに配置できます。

設定パラメータ

フィールド 説明
タイトル ウィジェットのタイトル。既定では、ウィジェットタイプがタイトルとして使用されます。
対象のアセットもしくはデバイス 全ての子デバイスを表示したいオブジェクトを選択してください。これは通常、グループオブジェクトになります。
プロパティ オブジェクトのプロパティまたはアクションを選択して、テーブルの列として表示します。

次のスクリーンショットでは、5つの列が構成されています。「ID」、「作成日時」、「名前」の列はプロパティの「id」、「creationTime」、「name」をそれぞれ参照します。さらに、メンテナンスモードの切り替えとデバイスの再起動という2つのアクションがあります。

Asset table widget

結果のテーブルは次のように表示されます。 Asset table widget example

プロパティの追加

プロパティを追加するには、+プロパティを追加をクリックし、追加するプロパティを1つまたは複数選択します。

備考: プロパティの「アクティブなアラームステータス」は、アクティブなアラームをアイコンとしてテーブルに表示します。このプロパティを選択した場合は、列一覧で「アクティブなアラームステータス」というレンダラーも設定する必要があります。

アクションの追加

  1. +アクションを追加をクリックします。
  2. メンテナンスモード表示/非表示を選択し、メンテナンスモードを切り替える定義済みアクションを追加します。
  3. 操作の作成を選択して、シェルコマンドを実行するボタンを作成します。次のウィンドウでは、ボタンのラベルと実行するシェルコマンドを入力できます。

Reboot device button configuration

備考: このウィンドウでは、シェルコマンドに対応する最初のデバイスの定義済みシェルコマンドが表示されます。該当デバイスがない場合、一覧は空になります。詳細は、シェルコマンドをご覧ください
デバイスに送信される操作をJSON形式で入力することもできます。サポートされた操作の詳細については、そのデバイスのベンダーにお問い合わせください。

テーブルの修正

列のヘッダーを編集するには、「ラベル」列の値をクリックしてラベルを編集します。

列を並べ替えるには、行の一番左にあるアイコンをクリックし、エントリごとドラッグアンドドロップします。

プロパティまたはアクションを削除するには、それぞれの行にカーソルを合わせ、右側の削除をクリックします。

データポイントグラフ

「データポイントグラフ」ウィジェットは、グラフにデータポイント(メジャーメント)を表示します。表示方法はデータエクスプローラと同じです。

「データポイントグラフ」ウィジェットを作成する最も簡単な方法は、データエクスプローラに移動して、トップメニューバーのもっと見るボタンをクリックし、ダッシュボードにウィジェットとして送信を選択します。

設定するパラメータの詳細については、データエクスプローラを使用したデータの可視化をご覧ください。

データポイントリスト

「データポイントリスト」ウィジェットは、現在の値とデータポイントプロパティを持つデータポイント(メジャーメント)を各行に表示します。

設定パラメータ

フィールド    説明
タイトル ウィジェットのタイトル。既定では、ウィジェットタイプがタイトルとして使用されます。
データポイント 使用可能なデータポイントの一覧を表示します。少なくとも1つのデータポイントを有効にする必要があります。データポイントを追加をクリックし、一覧にデータポイントを追加します。 データポイントの追加方法の詳細については、データポイントの追加をご覧ください。
カラム表示・非表示 表示する列を選択してください。
ラベル: データポイントのラベル。詳細は、データエクスプローラを使用したデータの可視化をご覧ください。
ターゲット: 目標値。データエクスプローラまたはデータポイントライブラリで設定できます。
現在値: 現在の値。
差分: 現在値と目標値の絶対差分。
差分 %: 現在の値と目標値の差分の割合。
アセット: データポイントのデバイス名またはグループ名。

データポイントテーブル

「データポイントテーブル」ウィジェットの構成設定は「データポイントグラフ」ウィジェットとほぼ同じですが、データポイントテーブルでは、データを折れ線グラフではなく表形式で表示します。

「データポイントテーブル」ウィジェットは選択されたデータポイント、時間間隔および集計に基づいてデータを表示します。

範囲外の値は黄色と赤色の範囲の構成を基に、表内で強調されます。

Data point table

イベントリスト

「イベントリスト」ウィジェットでは、選択したデバイスのイベントを監視できます。

Event list widget

さらに、特定の日付範囲を設定し、イベントをリアルタイムで監視することもできます。

フィールドバスデバイス

「フィールドバスデバイス」ウィジェットでは、modbusデバイスのステータスを表示して操作することができます。

「フィールドバスデバイス」ウィジェットの詳細については、オプションサービス > Cloud Fieldbus > Fieldbusデバイスウィジェットを使用したデバイスステータスの監視をご覧ください。

ヘルプとサービス

「ヘルプとサービス」ウィジェットは、ヘルプおよびサービスリソースへのリンクが表示されます。設定すべき追加パラメータはありません。

Help and service widget

イメージ

「イメージ」ウィジェットを使用すると、コンピュータ上にある単一の画像を参照し、表示ができます。設定すべき追加パラメータはありません。

情報ゲージ

「情報ゲージ」ウィジェットは、一つのデータポイントを放射状ゲージという形で表示し、複数のデータポイントをラベルとして表示します。

Info gauge widget

ゲージ用に1つのデータポイントを選択し、左側にラベル付きで表示される複数のデータポイントを選択できます。

Info gauge widget data point label

「情報ゲージ」ウィジェットを作成するには、少なくとも1つのデータポイントをそれぞれ有効にする必要があります。

HTML

「HTML」ウィジェットは、ユーザーが定義したコンテンツを表示します。 HTMLを使用してコンテンツをフォーマットできます。

設定パラメータ

「デバイス」とは、ウィジェットの設定パラメータにおいて選択された対象デバイスを指します。
fragment.property」は各デバイスのプロパティを指します。 利用可能なプロパティ名について詳しく知りたい場合、「アセットプロパティ」ウィジェットまたは「アセット表」ウィジェットを使用し、ウィジェット構成設定メニューの「+ プロパティを追加」をクリックします。 サポート対象プロパティの表が表示されます。「プロパティ」列から値をコピーして貼り付けることができます。これらのウィジェットで新しく生成されたプロパティはHTMLウィジェットでは使用できません。

HTML widget

リニアゲージ

「リニアゲージ」ウィジェットは、データポイントをリニアゲージの形で表示します。最小および最大ターゲット値もゲージに表示されます。

Info gauge widget

備考: ラベルが正しく読み取れない場合は、データポイントの最小値や最大値を増やして、ラベルを読み取り可能な範囲に移動してください。

「リニアゲージ」ウィジェットを作成するには、少なくとも1つのデータポイントを有効にする必要があります。

地図

「地図」ウィジェットは、デバイスまたはグループのすべてのデバイスの位置を表示します。

Info gauge widget

マップをドラッグして移動したり、プラスマイナスボタンを使用して拡大/縮小することができます。

デバイスを表わすアイコンは色コードで区別されます。 使用する色は以下のルールに基づいています。

デバイスアイコンをクリックすると、以下の情報と併せてポップアップが表示されます。

設定パラメータ

対象となるアセットもしくはデバイス: グループを選択すると、グループに含まれる(ただし、サブグループには含まれていない)全てのデバイスが表示されます。

備考: 対象となるデバイスがいずれも位置が不明の場合、ウィジェットは世界地図を表示し、アイコンは付帯しません。

メッセージ送信

「メッセージ送信」ウィジェットはメッセージをデバイスに送信します。 デバイス自体における挙動はデバイス次第で変わります。 このタイプのオペレーションに対応するデバイスについてのみ使用できます。

円グラフ

「円グラフ」ウィジェットは、円グラフとして現在の値を持つデータポイント(メジャーメント)を表示します。

設定パラメータ

フィールド 説明
タイトル ウィジェットのタイトル。既定では、ウィジェットタイプがタイトルとして使用されます。
円グラフオプション 円グラフ上に、ツールチップ、パーセンテージ、凡例、をそれぞれ表示するかどうか選択できます。
データポイント 使用可能なデータポイントの一覧を表示します。
少なくとも1つのデータポイントを有効にする必要があります。データポイントを追加をクリックして、一覧にデータポイントを追加します。
データポイントの追加方法の詳細については、データポイントを追加をご覧ください。

クイックリンク

「クイックリンク」ウィジェットは、関連する操作へのクイックリンクをいくつか表示します。設定すべき追加パラメータはありません。

Quick links widget

放射状ゲージ

「放射状ゲージ」ウィジェットは、データポイントを放射状ゲージの形式で表示します。

Radial gauge widget

「放射状ゲージ」ウィジェットを作成するには、少なくとも1つのデータポイントを有効にする必要があります。

最近のアラーム

「最近のアラーム」ウィジェットは、すべての重大度のアラームを時間で選別して表示します。設定すべき追加パラメータはありません。

Recent alarms widget

アラーム内容の詳細は、デバイス管理 > アラームの操作をご覧ください。

リレーアレイ制御

「リレーアレイ制御」ウィジェットでは、リレーの配列内でリレーのオン/オフを個別に切り替えることができます。このタイプの操作に対応するデバイスでのみ使用できます。

リレー制御

「リレー制御」ウィジェットでは、デバイスリレーのオン/オフを切り替えることができます。このタイプの操作に対応するデバイスでのみ使用できます。

SCADA

「SCADA」ウィジェットは、デバイスのステータスを画像表示します。

「SCADA」ウィジェットの詳細については、 オプションサービス > Cloud Fieldbus > SCADA ウィジェットを使用したステータス監視をご覧ください。

備考: 悪意のあるコードを削除するために、すべての「svg」ファイルはサニタイズされます。

SCADA widget

Silo

「Silo」ウィジェットは、サイロとして現在の値を持つデータポイント(メジャーメント)を表示します。

設定パラメータ

フィールド 説明
タイトル ウィジェットのタイトル。既定では、ウィジェットタイプがタイトルとして使用されます。
データポイント 使用可能なデータポイントの一覧を表示します。
少なくとも1つのデータポイントを有効にする必要があります。
データポイントを追加をクリックして、一覧にデータポイントを追加します。
データポイントの追加方法の詳細についてはデータポイントの追加をご覧ください。

信号機

「信号機」ウィジェットはデバイスの状態を信号機として表示します。

設定パラメータ

フィールド 説明
タイトル ウィジェットのタイトル。既定では、ウィジェットタイプがタイトルとして使用されます。
対象のアセットもしくはデバイス 表示するグループまたはデバイスを選択してください。
状態マッピング 各信号のプロパティを選択してください。該当する信号を点滅させるには、プロパティの値が、true、1、空でない文字列、null以外の数値、のいずれかである必要があります。

レポートの管理とエクスポート

レポートの管理

ダッシュボードレポートを使用すると、アプリケーション、アラーム、アセット、イベント、およびその他の多くのウィジェットを追跡できます。

ダッシュボードレポートは、アセットの階層に関係なく、グローバルダッシュボードページとなります。

既存のすべてのレポートを閲覧するには、ナビゲータでレポートメニューを展開します。

Reports menu

ナビゲータでレポートをクリックして開きます。

レポートの作成

  1. ヘッダーの 「+」 ボタンを選択し、「新しいレポート」 を選択します。
  2. レポート名を入力し、必要に応じてドロップダウンリストからアイコンを選択します。
  3. 保存をクリックして設定を保存します。

次にウィジェットを作成されたレポートに追加することができます。

ウィジェットをレポートに追加する

ダッシュボードのウィジェット同様、レポートにもウィジェットを追加することができます。

  1. ナビゲータより、編集したいレポートをクリックして開きます。
  2. トップメニューバーのウィジェットの追加をクリックし、リストからウィジェットタイプを選択します。

使用可能なすべてのウィジェットタイプの詳細については、ウィジェットコレクションをご覧ください。

レポートの削除

  1. 削除したいレポートをクリックして開きます。
  2. トップメニューバーの右側のもっと見るをクリックし、レポートの削除をクリックします。

データのエクスポート

エクスポート機能を使用すると、特定のデータをCSVまたはExcelファイルにエクスポートできます。

この機能を使用すると、テナント全体のデータを要求できます。さらに、特定のデバイス、時間範囲、フィールドなどのフィルタをかけることができます。エクスポートデータには、指定したすべてのフィルタと有効なフィールドに関する情報が含まれます。

備考: 単一ファイルにエクスポートできるドキュメントの最大数は100万です。定義されたフィルタのドキュメント数がこの制限を超える場合、最初の100万ドキュメントのみが取得されます。

すべてのエクスポートを表示するには、レポートメニューのエクスポートをクリックします。

エクスポートページには、今までエクスポートした全てのレポート名および時間範囲が一覧として表示されます。

Exports

エクスポートの追加

  1. トップメニューバーのエクスポートを追加をクリックします。
  2. エクスポートするレポート名を入力し、出力ファイルの種類(CSVまたはxlsx)を選択します。

Create export

フィルタ

フィルタセクションでは、フィルタを選択して特定のオブジェクトまたは時間範囲のデータを要求することができます。

Export filters

特定のオブジェクトをフィルタリングするには、検索フィールドに名前またはプロパティ値を入力し、検索アイコンをクリックします。一致するすべてのデバイスまたはグループが、フィールドの下に表示されます。目的のデバイスをクリックして選択します(緑色で強調表示)。

期間フィルターは、特定の時間範囲のデータをフィルタできます。ドロップダウンフィールドから時間範囲を選択します。「直近1年」、「直近1ヶ月間」、「直近1週間」のいずれか、または「カスタム」を選択し、追加フィールドにカスタムの開始/終了範囲を入力します。

エクスポートするオブジェクトおよび期間チェックボックスを選択して、それぞれのフィルターを有効にします。

フィールド

オブジェクトおよび時間範囲のフィルタとは別に、特定のフィールドでデータをフィルタできます。

フィールドを有効化/無効化するには、スライダをご利用ください。

Filter fields

備考: 時間範囲が選択できるフィルタは、アラーム、イベント、メジャーメントにのみ適用され、マネージドオブジェクトには適用されません。マネージドオブジェクトを選択すると、指定した時間範囲に関係なくエクスポートに表示されます。

フィールドを有効にすると、定義済みまたは空のプロパティを追加できます。

プロパティの追加

追加をクリックして、空のプロパティを追加します。ラベルまたはパスを入力するには、またはパスをクリックしてフィールドを編集します。たとえば、アラームフィールドを有効にすると、列およびパスに「重大度」と入力して、アラーム重大度のデータを受信できます。

定義済みを追加をクリックして、定義済みのプロパティを追加します。リストから目的のプロパティを選択し、選択をクリックします。上部の検索フィールドを利用して、特定のプロパティを検索することもできます。

Select properties

「定義済みを追加」リストからのフィールドではなく、カスタムプロパティとして定義されたフィールドが少なくとも1つある場合、エクスポートに表示するために少なくとも1つのカスタム値のプロパティを設定する必要があります。

例: たとえば、エクスポートに、時間範囲、デバイス名、タイプ、c8y_SpeedMeasurement.speed.value の4つのフィールドが定義されているとします。最初の3つは定義済みプロパティで、最後の1つはカスタムプロパティです。エクスポートするメジャーメントにカスタムプロパティc8y_SpeedMeasurement.speed.value がない場合、エクスポートファイルには表示されません。

フィールドが valid.key.with.dot の場合、パス内で [‘fragment.key.with.dot’] として参照します。 例: [‘fragment.key.with.dot’].series.value

「メジャーメント」が有効な場合は、データポイントの追加を選択することもできます。データポイントの追加方法の詳細については、データポイントの追加をご覧ください。

エクスポートのスケジュールを設定

CSVまたはExcelファイルへのエクスポートを任意の時間に設定するには、行の端にあるメニューアイコンをクリックし、エクスポートのスケジュールをクリックします。

Export context menu

次のウィンドウでは、必要に応じて「タイマー時 Eメールでエクスポートを送信」というスマートルールをカスタマイズできます。

Schedule export

1 - ルール名

ルール名にはエクスポートの名前があらかじめ入力されていますが、変更できます。

2 - データ&頻度

エクスポートを送信する間隔 (時、日、週、月、年) を定義します。選択した頻度に応じて、追加のタイミング情報を指定します。たとえば、「月」を選択した場合は、日、時、分を指定します。

3 - Eメールを送信

電子メール情報を入力します。

送信フィールドに、受信者の電子メールアドレスを入力します。このフィールドは必須です。オプションで、CCまたはBCCを送信するための電子メールアドレスを指定し、返信先に送信者の電子メールアドレスを追加できます。

電子メールの件名を指定します。このフィールドはあらかじめ入力されていますが、変更することができます。

電子メールに記載されるメッセージ本文を入力します。利用可能なプレースホルダーは、{host}、{binaryId}です。デフォルト値は「エクスポートされたデータを含むファイルは、{host}/inventory/binaries/{binaryId}からダウンロードできます。」です。

作成をクリックして、カスタマイズしたスマートルール「タイマー時 Eメールでエクスポートを送信」を作成します。

エクスポートの詳細にスマートルールが追加されます。

Smart Rule

データをエクスポート

CSVまたはxlsxファイルにデータをエクスポートするには、リストのエクスポートの前にあるチェックボックスを選択して、トップメニューバーの左側にあるエクスポートをクリックします。

各ファイルへのリンクが記載された電子メールが届きます。

文書の標準時刻のプロパティ(例えばアラームのtimeまたはcreationTime)は以下の形式でエクスポートされます。

csv形式の場合のみ、ミリ秒単位とタイムゾーンが含まれます。

エクスポートの編集

それぞれの行をクリックするか、行の右端にあるメニューアイコンをクリックし、編集をクリックします。

フィールドの詳細についてはエクスポートの追加をご覧ください。

エクスポートの複製

  1. 行の右端にあるメニューアイコンをクリックし、複製をクリックします。
  2. 少なくとも名前は変更してください。
  3. 保存して閉じるをクリックしてエクスポートを保存し、エクスポートリストに戻ります。

エクスポートの削除

行の右端にあるメニューアイコンをクリックし、削除をクリックします。

データポイントライブラリ

データポイントライブラリは、データポイントプロパティの既定値を持つデータポイントのコレクションを提供します。

データポイントプロパティは、文書作成アプリケーションにおける「段落書式」に似ています。 各段落を個別に書式設定する必要はありません。代わりに、既定の書式を定義して、文書内の段落に適用します。

データポイントライブラリは、データポイントに対して同じ機能を提供します。 さまざまなデバイスからあなたのデータポイントへ容易に適用できる、多数のデフォルトデータポイント「テンプレート」が提供されます。

コックピットアプリケーションはどのようにデータポイントライブラリを使用するのでしょう? 色またはラベルなど、データポイントについてのデフォルトの可視化を判断するため、コックピットはデータポイントライブラリを検索し、一致するエントリを探します。 データポイントライブラリ内のフラグメントとシリーズの値がメジャーメントと一致すると、エントリは「一致する」と見なされます。 一致するエントリが見つかれば、該当するデータポイントプロパティがデフォルトの可視化に使用されます。

加えて、データポイントライブラリのプロパティは閾値ビジネスルールにも使われます。 データポイントライブラリで構成設定された赤色と黄色の値は、アラームを発動する閾値ルールによって使用されます。

データポイントライブラリを開くには、ナビゲータの構成メニューで データポイントライブラリ をクリックします。

Data point library

使用可能なデータポイントのリストが開きます。データポイントごとに、次の情報がリストに表示されます。

データポイントをライブラリに追加

  1. トップメニューバーのデータポイントの追加をクリックします。

  2. 次の情報を入力します。

    フィールド 説明
    データポイント表示の色
    ラベル データポイントを識別するラベル
    フラグメント フラグメントの名前
    シリーズ シリーズの名前
    単位 メジャーメントに使用する単位
    ターゲット 目標値
    最小 Y軸に表示される最小値
    最大 Y軸に表示される最小値
    黄色の範囲 黄色の範囲の最小値/最大値(マイナーアラーム)
    赤の範囲 赤色の範囲の最小値/最大値(クリティカルアラーム)
  3. 保存をクリックして、データポイントをライブラリに追加します。

データポイントの編集

リスト内のそれぞれのエントリをクリックするか、エントリの右側にあるメニューアイコンをクリックし、編集をクリックします。

データポイントの削除

エントリの右側にあるメニューアイコンをクリックし、削除をクリックします。

スマートルール

Things Cloudにはデータをリアルタイムで分析し、データに基づくアクションを実行するための、ルールエンジンが含まれます。 これらのルールはスクリプト記述言語で指定され、管理アプリケーションで管理されます。

コックピットアプリケーションには、簡単にルールを作成するために、テンプレート(スマートルールテンプレート)からルールを作成できるスマートルールビルダーを備えています。

備考: テナントがスマートルールアプリケーションを登録している場合にのみ、スマートルールが表示されます。スマートルールを管理するためには、ユーザーはインベントリの作成権限とスマートルールの権限またはCEP管理の権限が必要です。

スマートルールはパラメータ化され、パラメータには2通りのソースがあります。

ルールパラメータ は、スマートルールをテンプレートから作成する場合にユーザーから提供されます。 例としてメールアドレスやアラームテキストが挙げられます。

オブジェクトパラメータ はグループまたはデバイスに保存されます。 これらのパラメータはスマートルール作成後でも編集可能です。 例として閾値の最小値と最大値が挙げられます。

スマートルールは以下で確認できます。

スマートルールには二つの種類があります:

スマートルールのページではグローバルスマートルールのみが表示されます。

ローカルな文脈のなかで(グループまたはデバイス)該当する権限がない場合はローカルスマートルールのみが表示されます。該当権限を持てば、ローカルとグローバル、両方のスマートルールが表示されます。 グローバルスマートルールを表示するのに必要な権限は以下になります:

スマートルールの作成

スマートルールは、ナビゲータの構成の下にあるグローバルスマートルールページ、またはグループ/デバイスの情報タブで作成できます。

  1. トップメニューバーのスマートルールを追加をクリックします
  2. リストからスマートルールのテンプレートを選択します。注記:このリストはインストールによって異なる場合があります。
  3. 次のウィンドウで、スライダをクリックしてルールを有効にするか無効にするかを選択します。
  4. 次に、ルールのパラメータを設定します。パラメータはルールによって異なります。詳細については、スマートルールコレクションをご覧ください。
  5. 作成をクリックして、スマートルールを作成します。

新しいルールが「有効」に設定され、特定のオブジェクトに対して有効になっていない場合でも、そのルールはすべてのデバイスとグループに対して有効になります。特定のオブジェクトについてスマートルールを無効化する方法については次のセクションをご覧ください。

スマートルールは無効化されると、混乱を避けるためグループまたはデバイスのメニューに表示されなくなります。

スマートルールは複数回インスタンス化できます。

グループまたはデバイスのスマートルールを有効化/無効化

単一のスマートルールを単一のオブジェクト(グループまたはデバイス)について有効化(スイッチオン)および無効化(スイッチオフ)することができます。 例えば、あるデバイスが過剰に多数の閾値アラームを発した場合、この単一のオブジェクトについてルールを無効化することができます。 このルールは他のすべてのオブジェクトについては引き続き有効です。

グループまたはデバイスのスマートルールを有効化または無効化するには、情報タブを開き、該当のルールのスライダをクリックしてください。

スマートルールの編集

エントリの右端にあるメニューアイコンをクリックし、編集をクリックします。

フィールドについての詳細はスマートルールの作成をご覧ください。

スマートルールの複製

  1. エントリの右端にあるメニューアイコンをクリックし、複製をクリックします。
  2. 少なくとも名前を変更してください。
  3. 保存して閉じるをクリックしてスマートルールを保存し、スマートルールリストに戻ります。

スマートルールの削除

エントリの右端にあるメニューアイコンをクリックし、削除をクリックします。

スマートルールのデバッグ

デバッグを容易にするために、スマートルールから対応するイベント処理モジュールへの直接リンクがあります。

エントリの右端にあるメニューアイコンをクリックし、検査をクリックしてこのリンクを使用します。

例: 明示的閾値を定義する

閾値ルールを定義するには次の手順に従います。

  1. ナビゲータから該当グループまたはデバイスを選択します。
  2. データエクスプローラタブに切り替えます。
  3. 閾値を上げるデータポイントがデフォルトで表示されない場合は、データポイントを追加を選択してデータポイントの追加をします。
  4. 目的のデータポイントの行の右端にあるメニューアイコンをクリックし、スマートルールの作成を選択します。


  5. 「しきい値の計測時アラームを作成」を選択します。
  6. 赤の範囲の最小値と赤の範囲の最大値を入力します。測定値が赤の範囲に入るとアラームが生成され、赤の範囲から抜けるとアラームはクリアされます。詳細については、スマートルールコレクションの「しきい値の計測時アラームを作成」をご覧ください。
  7. アラームの作成では、アラームタイプとアラームテキストをオプションで編集できます。
  8. 対象のアセットもしくはデバイスより、このルールを適用するオブジェクトを選択できます。
  9. 作成をクリックして、スマートルールを作成します。

ルールは自動的に有効となり、アラームが発生すると表示されます。

チェーンルールの実行

スマートルールはプラットフォーム内に新規データ項目を作成することができます。例えば、閾値ルールは新規アラームを作成します。これらの新規データは、例えば、「アラーム発生時メール送信」ルールなどのように、別のスマートルールによってさらに取り扱うことができます。

このメカニズムを使用して、連鎖型のスマートルールを作成することができます。

備考: 連鎖型のスマートルールを作成する際は、データの過剰負荷を避けるため、ルールにより出力されるデータ量を把握する必要があります。

スマートルールコレクション

Things Cloudでは事前設定されたグローバルスマートルールが使用できます。

Global smart rules

グローバルスマートルールは種類ごとに、構成するパラメータが異なります。

以下では、使用可能なタイプとその構成プロパティについてそれぞれ説明します。

アラーム時Eメールを送信

機能

アラームが発生すると、電子メールが送信されます。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

On alarm send email

ステップ フィールド 説明
1   ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 アラームマッチング時 ルールをトリガーするアラームのタイプです。リスト内にこれらのタイプのいずれかを持つアラームが作成されると、ルールがトリガーされます。
3 Eメールの送信 「送信 / 送信先(CC) / 送信先(BCC)」:電子メールの送信先メールアドレスです。複数のアドレスをカンマで区切ることができます (「,」、スペースを使用しないでください!)。
「返信先」:メッセージへの返信に使用されるアドレス。
「件名」:電子メールの件名。#{source.name}という形式の変数を使用できます。対応している変数は、以下の「スマートルール変数」で一覧表記されています。
「メッセージ」:電子メールのテキスト。#{source.name}という形式の変数を使用できます。対応している変数は、以下の「スマートルール変数」に一覧表記されています。
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

トラブルシューティング

アラーム継続時アラーム重大度を上げる

機能

アラームが一定時間有効になっていると、重大度が上がります。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

On alarm increase severity

ステップ フィールド 説明
1   ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 アラームマッチング時 ルールをトリガーするアラームのタイプです。リスト内にこれらのタイプのいずれかを持つアラームが作成されると、ルールがトリガーされます。
3 アラーム重大度を上げる 継続時間、重大度を上げる前にアラームを有効にする必要があります。
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

説明

設定されたタイプのアラームが発生すると、アラームの有効時間の監視が開始されます。

指定した継続時間が経過してもアラームが有効な場合は、重大度が1レベル(マイナーからメジャーなど)上がります。

アラームがクリティカル状態に達すると、それ以上のアクションができなくなるため、監視は停止します。

備考: このルールは、設定された継続時間を超過したかどうかを1分に1回チェックします。そのため、アラームの重大度が継続時間を超えた瞬間には変化せず、次のチェックの後にのみ変化します。

ジオフェンス時アラームを作成

機能

ジオフェンスの境界を越えると、アラームが作成されます。

このルールでは、ジオフェンスに入るか出るか、またはその両方を行うように設定できます。既存のアラームは、例えば、ジオフェンス領域を出た追跡車両がジオフェンス領域に再び入ってきた場合など、反対の条件が再び当てはまる場合にクリアされます。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

On geofence create alarm

ステップ フィールド 説明
1   ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 ジオフェンス違反時 領域の境界を定義するポリゴン。ジオフェンスを編集をクリックし、領域を設定します。ダブルクリックしてポイントを追加し、クリックやドラッグで調整します。
3 アラーム作成 アラームのトリガー:「入るとき」、「離れるとき」(既定値)、「出入り時」。
発生されるアラームのタイプ。
アラームの重大度。
アラームテキスト。
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

備考: アラームを発生させるには、ルールを作成した後、少なくとも1回はジオフェンス内にデバイスを配置する必要があります。

トラブルシューティング

ジオフェンス時Eメールを送信

機能

ジオフェンスの境界を越えると、電子メールが送信されます。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

On geofence send e-mail

ステップ フィールド 説明
1   ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 ジオフェンス違反時 領域の境界を定義するポリゴン。ジオフェンスを編集をクリックし、領域を設定します。ダブルクリックしてポイントを追加し、クリックやドラッグで調整します。
3 Eメールを送信 「送信 / 送信先(CC) / 送信先(BCC)」:電子メールの送信先メールアドレスです。複数のアドレスをカンマで区切ることができます(「,」、スペースを使用しないでください!)。
「返信先」:メッセージへの返信に使用されるアドレス。
「件名」:電子メールの件名。#{source.name}という形式の変数を使用できます。対応している変数は、以下の「スマートルール変数」で一覧表記されています。
「メッセージ」:電子メールのテキスト。#{source.name}という形式の変数を使用できます。対応している変数は、以下の「スマートルール変数」に一覧表記されています。
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

備考: このルールを実行させるには、ルールを作成した後、少なくとも1回はジオフェンス内にデバイスを配置する必要があります。

トラブルシューティング

計算エネルギー消費

機能

電気、ガス、水道メーターからのデータに基づいて消費データポイントを作成します。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

Calculate energy consumption

ステップ フィールド 説明
1   ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 監視対象の測定 フラグメント/シリーズ:メジャーメントフラグメントおよびシリーズの名前。
受信されるメジャーメントのフラグメント/シリーズ名は、設定されているものと同じものでなければなりません。
データエクスプローラからルールを作成する場合、これらのフィールドはすでに入力されています。
時間間隔:消費値を計算する間隔。1時間あたりの消費量を計算する頻度を指定します。
3 エネルギー消費管理 生成するメジャーメントフラグメントおよびシリーズの名称。
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

消費メジャーメントの単位は常に1時間あたりのものになります。(例:メジャーメントが「kg」の場合、消費は「kg/時」になります)。

このルールは、指定した時間の最後の2つのメジャーメントを取得し、値と時間の差を計算してから、1時間あたりの消費量を計算します。

20分ごとに計算するようにルールが設定されているとします。次のメジャーメントが送信されます: 11:59に100kg、12:14に200kg、12:20にルールがトリガーされ、最後の二つのメジャーメントが取得されます。値と時間の差を計算します。したがって、12:20に作成された消費メジャーメント値は400kg/hとなります。 最後の期間に新しいメジャーメントが作成されなかった場合は、消費量0のメジャーメントが作成されます。

計測値がないときアラームを作成

機能

新しいメジャーメントデータを一定時間受信しなかった場合、アラームを発生します。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

On missing measurements create alarm

ステップ フィールド 説明
1   ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 監視対象の測定 タイプ:メジャーメントのタイプ。受信されたメジャーメントは、設定されたものと同じタイプでなければなりません。データエクスプローラからルールを作成する場合、タイプはすでに入力されています。
時間間隔:消費値を計算する間隔。
3 アラーム作成 発生させるアラームのタイプ。
発生させるアラームの重大度。
アラームテキスト。
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

備考: このルールは、設定された時間間隔を超えたかどうかを1分に1回チェックします。このため、時間間隔を超えた後のアラームは、生成に最大1分かかることがあります。時間間隔を超えたかどうかをチェックするには、ルールの有効化後に少なくとも1つの受信メジャーメントが必要です。

アラーム時実行操作

機能

特定のアラームが発生すると、指定された操作がデバイスに送信されます。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

On alarm execute operation

ステップ フィールド 説明
1 ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 アラームマッチング時 ルールをトリガーするアラームのタイプです。リスト内にこれらのタイプのいずれかを持つアラームが作成されると、ルールがトリガーされます。
3 操作を実行 送信される操作です。この操作はJSON形式で記述されます。一部の標準操作は、オペレーション フィールドの下から選択できます。 標準操作を使用するには、標準操作を選択して、右側の矢印ボタンを押します。これにより、選択した操作のJSONが挿入されます。
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

しきい値の計測時アラームを作成

機能

メジャーメントの値が赤色/黄色範囲に入るとアラームが発生し、赤色/黄色範囲から抜けるとアラームがクリアされます。

アラームの重大度は、次のように決定されます。

このルールでは、デバイスオブジェクトまたはデータポイントライブラリの次のパラメータを使用します。

このメカニズムを使用すれば、データポイントライブラリでグローバル閾値の範囲を設定できます。これらのグローバル値は、特定のオブジェクトに対して個別に無視することができます。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

On measurement threshold create alarm

ステップ フィールド 説明
1   ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 しきい値時 データポイントライブラリエントリ:データポイントライブラリ内のエントリ名。これは、個々のオブジェクトに設定されていない場合に、赤と黄色の範囲のデフォルト値を見つけるために使用されます。
フラグメント/シリーズ:メジャーメントフラグメントとシリーズの名前。受信したメジャーメントには、設定されているフラグメント名と同じ名前を付ける必要があります。データエクスプローラからルールを作成する場合、これらのフィールドはすでに入力されています。
3 アラーム作成 タイプ:発生されるアラームのタイプ。
テキスト:アラームのメッセージ
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

説明

このルールは、入力されるメジャーメントごとに次の手順を実行します。

赤/黄色の範囲が定義されていない場合、アラームは生成されません。

備考: ソースオブジェクトで定義された範囲値は、データポイントライブラリで定義された範囲値よりも優先度が高くなります。ソースオブジェクトに設定することで、単一の値を上書きすることもできます(例:黄色の範囲 (max))。その他の値は、データポイントライブラリから取得されます。

トラブルシューティング

備考: アラームをクリアすると、アラームが解決されたことが通知されます。新しいアラームは、デバイスの状態が変更され、再びしきい値を超えない限り発生しません。

計測値のしきい値超過時アラームを作成

機能

メジャーメント値が赤色の範囲に入るか、赤色の範囲から出ると、クリティカルアラームが生成またはクリアされます。

アラームの重大度は、次のように決定されます。

備考: このルールはルール「しきい値の計測時 アラームを作成」に似ています。ただし、この規則では、赤色のしきい値が明示的に指定されています。しきい値ルール「しきい値の計測時 アラームを作成」は、デバイスまたはデータポイントライブラリからしきい値を抽出します。

パラメータ

このルールでは、次のパラメータを使用します。

On measurement explicit threshold create alarm

ステップ フィールド 説明
1   ルール名 ルールテンプレートの既定の名前が入力されています。必要に応じて変更できます。
2 しきい値時 フラグメント/シリーズ:メジャーメントフラグメントとシリーズの名前。受信メジャーメントには、設定されているフラグメント名と同じ名前を付ける必要があります。データエクスプローラからルールを作成する場合、これらのフィールドはすでに入力されています。
障害範囲(最小/最大):値が指定された範囲[最小値;最大値]にある場合、設定されたアラームが発生します。
3 アラーム作成 タイプ:発生されるアラームのタイプ。
テキスト:アラームのメッセージ
4 対象のアセットもしくはデバイス スマートルールが適用されるグループまたはデバイス。

トラブルシューティング

備考: アラームをクリアすると、アラームが解決されたことが通知されます。新しいアラームは、デバイスの状態が変更され、再びしきい値を超えない限り発生しません。

スマートルールの変数

一部のルールパラメータに変数を使うことができます。 ルールがトリガーされると、変数は実際の値に置き換えられます。 このメカニズムを使用してデバイス名またはアラームテキストをさまざまな出力(Eメール)で行うことができます。 トリガー要因イベント(例:アラーム)やソースデバイスの情報を含めることができます。

次の表は、変数の例になります。

変数 内容
#{creationTime} データベースの中でアラームが作成された時間
#{type} アラームのタイプ
#{time} アラームによって提供される、アラームの時間
#{text} アラームの説明文
#{source.name} デバイスの名前
#{source.c8y_Hardware.serialNumber} デバイスのシリアル番号
#{source.c8y_Notes} デバイスの備考欄
#{status} アラームのステータス:有効、承認済み、クリア
#{severity} アラームの重大度:クリティカル、メジャー、マイナー、警告
#{count} デバイスのアラームメッセージ数:同じデバイスおよび同じアラームタイプに対して繰り返されるメッセージは、1つのアラームとして認識されます。
#{source.c8y_Address.street} デバイスの住所(番地)
#{source.c8y_Address.cityCode} デバイスの住所(郵便番号)
#{source.c8y_Address.city} デバイスの住所(都市)

備考: 変数が存在しないか、あるいはスペルが間違っている場合、作成されたコンテンツが表示されます。