リリースノートv9.16

IoT Platform Things Cloudリリースノート(ver.9.16)

新機能および機能改善点

  • 今回のバージョンアップでは下記の新機能追加、および機能改善が行われました。なお、日本語表記の改善も行っております。
カテゴリ 対象 変更内容 詳細
GUI 全体 メニュー折りたたみ表示 管理、コックピット、デバイス管理の各アプリケーションで左に表示されるメニューがカテゴリごとに折りたたみ表示されるようになりました。
GUI 全体 ログインエイリアス ユーザーごとにエイリアス(別名)の設定が可能です。これによりユーザー名を変更することなくログイン名を変更することができます。
GUI 管理 プラグインの削除 アプリケーション追加画面で、プラグイン追加のインターフェースが削除されました。
GUI 管理 テナント利用統計情報改善 サブテナントのアラーム、インベントリ、メジャーメントの作成数、更新数を確認できるようになりました。
GUI コックピット スマートルールの自動deploy スマートルールは作成後に自動的に deploy 状態になるようになりました。
GUI コックピット アラーム一括削除 アラーム一覧画面ですべてのアラームを削除することができるようになりました。
GUI コックピット サイロウィジェット改善 サイロウィジェットが改善されました。
GUI コックピット イベント、アラームウィジェットの改良 イベント、アラームウィジェットで子デバイスのイベントやアラームが表示できるようになりました。
GUI デバイス管理 modbusデバイスタイプ設定改善 modbusデバイスタイプ設定時の入力レジスタ画面で、定数と除数を設定できるようになりました。
GUI デバイス管理 CANopenデバイスタイプ追加 CANopenデバイスタイプを追加・作成することができるようになりました。
API Alarm API アラームAPI強化 アラーム取得で利用できる指定条件が追加されました。
API Alarm API 複数アラームの更新 アラームコレクションに対する更新が可能になりました。
API Alarm API historyの廃止 アラーム中のhistoryフィールドが廃止されました。
API Application API Application API の拡充 Application API で現在のアプリケーション取得、およびサブスクリプションコレクションの取得が追加されました。
API Application API Plugin API の削除 Plugin API /application/applications/<<application_id>>/binaries/plugins/ は廃止されました。
API Inventory API サポート対象シリーズGET Inventory でマネージメントオブジェクトがサポートするメジャーメントシリーズを読み出すことができます。
API Measurement API メジャーメントAPI強化 メジャーメント取得で利用できる指定条件が追加されました。
API Tenant API 現在のテナント取得 現在のテナントを取得することができます。
API User API User API の拡充 ユーザーコレクションの取得時、検索条件が追加されました。
  • 本リリースでは、いくつかのバグフィックスを含んでいます。

主な変更点の説明

メニュー折りたたみ表示

管理、コックピット、デバイス管理で左に表示されるメニューがカテゴリごとに折りたたみ表示されるようになりました。

ログインエイリアス

それぞれのユーザーにユーザー名のほかに別名としてエイリアスが設定できるようになり、ログイン時にいずれかの指定が可能になりました。

スマートルールの自動 deploy

スマートルールを新規作成した際、deploy (実行)状態になるようになりました。

アラーム一括削除

アラーム確認画面で、すべてのアラームをクリアすることができるようになりました。